札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

0

4号物件に労働力投入 玄関照明変更

4号物件の退去を確認して早速工事にはいる。

今日の工事は玄関照明の変更だ。
この物件は中古で購入したのだが玄関に照明がなくトイレの扉前に照明があると言う変な物件なのだ。
廊下がL字に曲がっていてその先に玄関があるために、照明を点けても直接光が届かずぼんやりと明るいだけなので、正直暗い。

旧玄関照明

そこにダクトレールの照明を設置し廊下も玄関も明るくする計画だ。

まず用意するのは以下の通り。

ダクトレール 本体   2m
IMGP1334.jpg


ダクトレール L字金具
IMGP1338.jpg


ダクトレール 引き込み金具
IMGP1337.jpg

ダクトレール エンドキャップ
IMGP1340.jpg

これを、廊下と同じようにL字まげて玄関先まで電球が設置できるようにするのだ。


まずは旧照明の撤去。AC100vが通らないようにスイッチを切り作業する。
IMGP1350.jpg


出て来た配線を引き込みキャップにセットし天井にネジで止める。
その後廊下の中央から曲がり角まで採寸しダクトレールを金ノコで切断する。
その際レールの表から切り込みを入れると傷がつく可能性が高いので裏側から切ると綺麗に切れる。
IMGP1352.jpg

切断したダクトレールにL字金具を差込取り付けしたら天井に設置する。
その際廊下の天井の中央&平行に設置しないと曲がり角以降の作業時直角に曲がれなくなり非常にみっともなくなるので注意。
IMGP1360.jpg

その後レールを玄関先まで延ばし最後にエンドキャップを取り付け完了!



IMGP1373.jpg

IMGP1367.jpg
《工事後の様子》



IMGP1363.jpg
IMGP1346_20090223120135.jpg
《工事前の様子》



これで玄関まで直接光が届き明るくなった。
デフォルトで照明をつけてあるが、ダクトレールならお客様のセンスで手軽に照明を交換できるのが
いい。多種多様の好みに対応出来るので賃貸向きの照明だと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》