札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

0

駄目部屋をスタイリッシュに変身!!

私は所有している区分マンションは軽く築20年をオーバーしているので、3年前に時代払拭リフォームをしました。

その時におこなった、差別化リフォームテクニックを今日はお教えします。



この物件間取は1DKなのですが、ボイラーがキッチンについています。
初めて見た時は驚きました。
ボイラーがむき出しで設置してあって水道管なども露出してある。


一時期日本中で騒がれた某宗教施設のxxサティアンのよう(>_<)


せっかく駄目部屋をスタイリッシュにフルリフォームしても露出されたボイラーがどうしても生活感を醸し出してしまいます(T_T)

それを防ぐためにこんなカバーを考えて木材で作りました。

ズバリ!これです!

タララッタラー♪(ドラえもん風)

ボイラー隠しぃ~

4.jpg

どうでしょうか?
道内のリフォーム屋さんでここまでアイデアを出す所は少ないと思います。
賃貸物件で付いているのは多分ここだけではないでしょうか?


メンテナンス性も考えいつでも点検交換できるように蓋を付けてあります。

蓋をしめてしまえば、これがボイラーだとは気が付かないのではないでしょうか?



道内⇔道内引越しのお客様は室内ボイラーやパイプ剥きだしでも普通かもしれませんが、本州から来たお客には異様に見えます。(私がそうでした)

そんなヘンテコでかっこ悪いボイラーを隠してしまうのも差別化リフォームとしては有りなんです。



ちなみにこの部屋は このボイラー隠しも入居決定要因の1つでした。



  室内はこんな感じ
1.jpg

不動産賃貸とくに札幌では寒さを感じるからタブーとされる、全面にコンクリート打ちっぱなしクロスを採用

北西向きであまり陽が当らないのに、ブラックゼブラウッドのCF

天井が低く見えるから止めた方が良いと言われた天井を黒色に施工

キッチンは黒レザーのリアテックシート施工

クローゼットにはパンチングメタル柄(ガンメタリック)をアクセントに施工

建具はとことん黒で塗りつぶし


室内配色は「黒」「ガンメタ」「コンクリート」

と非常に殺風景な部屋が完成!



当時誰もがこんな寒々とした部屋なんか入らないと言われましたが、 ぶっ飛んだカラーコーディネートや様々な作戦がヒットし訪問営業2週間後に家賃値引き無しで20代女性が入居。


もうリフォームして3年以上建ちますがずーっと住んで頂いています。(^-^)

ありがたや♪

でもこの部屋3点ユニットなの!(^_^;)

3点ユニットでもやりゃ~決まるんですよ。


関連記事

コメント

非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》