札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

2

新型レンズ投入!

代理営業の質を最大限高めるためにはどうすれば良いか毎日考えています。

前回は室内撮影に効果を発揮するオートストロボAF540FGZを購入し、

室内撮影をより良く撮影することに成功しました。
s-NEC_0503.jpg
(てっカメラを撮影するのに携帯で撮ってます)(^_^;)



今回は画角を高めます。


今まで使っていたのは18mm~50mmの広角レンズを使って室内を広く見せていましたが、更に広く見せるために今回は10mm~24mmの超広角レンズを購入し実戦配備します。


今回購入したレンズはこれ。
s-NEC_0506.jpg

レンズの画角は最高108度もの角度で撮影できます。

これなら、狭い部屋も広く撮影できると言う訳です!


巡回用レンズとしてはシグマ製 18-50mmで対応

室内撮影レンズとしてはタムロン製 10-24mmで対応

して行きます。



先日差別化リフォームを実施した部屋は新型レンズで撮影





誰も以内室内で、、、、、




ローアングルを決めて




静かに



シャッターを押すと



カシャ



超気持いいっ~!(>_<)




やっぱり室内撮影は超広角で決まりですね! 
他には超広角レンズとして魚眼レンズもありますが、それだと縁がゆがむのでおすすめしません!

賃貸物件の室内撮影はタムロン社製 SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II なら、歪みが少ないので自然な感じで撮影できるので最強かも!



と、毎日仕事が楽しいです。(^u^)
「完全に趣味だな」(笑)
関連記事

コメント

No title

空室の資料を作るのに、写真の技術って必要ですよね。
知識のある人とない人の撮った写真は雲泥の差です・・・。

ブログの右側にさりげなくやまさんの顔写真が出るように
なったみたいですけど、抱えているカメラは今回購入した
レンズ君だったりしちゃいますか?

Re: No title

> 空室の資料を作るのに、写真の技術って必要ですよね。
> 知識のある人とない人の撮った写真は雲泥の差です・・・。
>
> ブログの右側にさりげなくやまさんの顔写真が出るように
> なったみたいですけど、抱えているカメラは今回購入した
> レンズ君だったりしちゃいますか?



クライアント様にはコンパクトデジカメで撮影してると思われいて、でかい一眼レフを持っていくと驚かれます(^_^;)

中規模RCマンションの外壁クラック状況の確認のために一般確認対処する際は、望遠レンズで撮影するなど依頼によってレンズの種類を交換します。

こうした簡易的なクラック確認でも管理会社さんと、当社のレンズの差が大きく作用します。

でも室内撮影の依頼が多いので今回の超広角は頼もしい1本となりました。



右側のカメラとレンズは趣味用です(^_^;)「顔写真が少し恥ずかしいい」

巡回用は結構ハードに使うので一眼レフでも取り回しの良い機種を使用してます。




非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》