札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

0

アパマン夜巡回

アパート・マンションの夜巡回

巡回の目的は照明関係の点灯の有無や夜間の不法駐車のあぶり出しだ。

s-IMGP1385.jpg s-IMGP1383.jpg
大型のマンションの場合、設置されている蛍光管の数も多く、大抵どこか切れていたり、寿命を迎えている。

正常に点灯していれば問題ないが、照明が切れていると、管理費を支払っている入居者は

なんで?o( ̄ー ̄;)ゞ 

俺ら管理費払っているよね・・・・


と、思うだろう。

それも、入居者が切れに気が付いたタイミングから数日交換されていれば、クレームにもならないでしょう。
しかし、何週間も放置されれば、怒るでしょう。

放置が続けば、共用部の荒れや入居者のモラル低下、内見時に管理不足の露呈から紹介率低下と、まったく良い事はありません。

ですので、こうした状態はできるだけ避けたいものです。

s-IMGP2864.jpg
アパートの共用部の蛍光管も寿命が来てピンク色の光を発して来ています。

s-IMGP1390.jpg
マンション非常階段の照明も寿命を迎えつつあります。

全て撮影し各オーナーへ報告

オーナーから管理会社へ改善の指示を出して頂きます。


当社は遠く離れたオーナー様の「目」として機能しています。
空室が多い大家さん
あなたの物件は大丈夫ですか?



関連記事

コメント

非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》