札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

0

繁忙期!続々申し込みが入りサポート物件の多くが満室達成!

繁忙期に入りましたね。
仲介業スタッフの皆さんお疲れ様です。

代理営業活動表

今回当社のサポート物件も繁忙期を狙って準備を進めていました。
いつも通りオリジナルの営業用資料を多数用意し30店舗に訪問営業を実施

どのお店も忙しそうでしたが、当社のリフォーム施工部屋を持って行くと、皆さん手を止めてお話を聞いてくれます。(普通は忙しいので適当にあしらわれるんですけど(^_^;)「みんな殺気立ってるからね~)



何故か・・・?

それは・・・





満室研究所は


「決め部屋」を持って来る



と、認知されているからです。
仲介の皆さんはとても良くしてくださいます。(感謝!)


当社の代理営業サポートでは、訪問リスト以外にもこんなレポートも提出しています。


それは、オーナーへ営業所感も報告します。

つまり営業後した営業中の空気感をオーナーに伝える事で、オーナーにも現場の雰囲気や次回の対策を感じてもらいます。
これが結構重要なんですよ。

だって空室対策(リフォーム)はトライ&エラーの連続ですから。
ですので、オーナーも私も毎日毎日勉強な訳です。

この積み重ねと仲介スタッフの連携がポイント♪




オーナー所感の一部を公開

xxxxxxxx xxx号室、xxx号室、xxxxxx xxxx号室の代理営業が終わりました。

部屋について
・天井のステンレスパイプとスポットライトは食い入るように
 画像を見る方が数人いました。
・すごい! 面白い! 今までにない!
・棚もついているの?



リフォームについて
・上記の部屋についてと同じになりますが
 ステンレスパイプを天井にというのは驚くようです。
 すごい印象に残ったと思います。
・初めて山岡リフォームを見た方は
 すごい!えっ!と思わず声を出してしまうようです。



仲介店舗について
・ほとんどの店舗にお客様がいました。
・多い所では3組のお客様がいて接客中でした。
・どこの店舗も若い方がほとんどでした。
・内見に行くところだったり、鍵を借りに来ていたりと
 店舗内もバタバタしている様子でした。


その他
・営業活動中にxxx号室の鍵番号の問い合わせの連絡がありました。
 鍵が開かないと言っていたので、すぐに向かっています。
 鍵に問題はなく、レバーを動かし忘れているだけでした。
 他を見てから戻るということだったので待っていました。

 待っている間に他の仲介店舗の方が案内にお客様を連れてこられました。

 連絡をくれた方は初めて山岡リフォームを見たようで驚きながら写真を撮っていました。

 もっと山岡リフォーム部屋は無いのか聞かれました。


《引用終わり》




該当部屋はこんな感じ。
IMGP8376.jpg
IMGP8359.jpg


1月中に繁忙期の準備をしていた物件は、人が動くこの時期は面白いように決まって行きます。

皆さんのお部屋は大丈夫ですか?






関連記事

コメント

非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》