札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

0

冬の大敵! 

冬の大敵の一つである雪庇(せっぴ)が今年もできてきました。


物件の屋上からせり出てくる雪庇!


IMGP6100.jpg



毎年大体できる位置は物件によって決まってます。



IMGP6146_201501152140558f4.jpg


まだまだ量が少なく小さいうちは落ちる心配もないですが
大きくなると重みで落ちてきます。



IMGP6742_20150115214103b76.jpg



落ちる位置が人も通らない広い敷地なら、問題も少ないですが
そのような物件は数少ないです。



IMGP6707.jpg



もし人の上や車の上に落ちたらとても危険です。
換気口が割れている物件の多くは雪庇によるものです。
今回の巡回でも雪庇が落ちて破損したと思われる集合ポストがありました。



IMGP6678.jpg



ポストが曲がる威力・・・・恐ろしいです。




IMGP6632.jpg


巡回日はこの時期に珍しく気温が4度もあり、雪庇から雪解け水が落ちていました。



IMGP6735.jpg



と言うことはこの雪庇が夜には凍って雪庇が氷になり、さらに落下時の威力が増します。



IMGP6669.jpg


雪庇は早めに落とすのが賢明です!作業は危険なので専門の業者に依頼するといいでしょう。
費用面だけを考えて、そのままにしておいて通行人などにけがをさせてしまったらもちろんオーナーの責任です。
取り返しがつかないような事態になる前に対処しましょう。



IMGP6690.jpg



この雪庇には誰かが削ったスコップ跡がありました。
それでも落としきれずにここまで成長しています。



IMGP6691.jpg



年に2~3回は雪庇落としが必要になると考えておくといいでしょう。



当社の巡回では雪庇の状況も確認していますので
雪庇落としの依頼をする時期を予想することができます。



報告ネットでは困っているオーナー様を全力でサポート致します!

遠方大家の「目」となるサービスが報告ネットです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ(^_^)/







関連記事

コメント

非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》