札幌アパート・マンション空室対策《報告ネット巡回業務日誌》

札幌市内のアパートマンション空室対策をサポート。遠方大家の分身となり満室リフォーム・空室営業・物件巡回など小回りの利く空室サポートを提供しています。

0

カーテン

友人物件に入居促進のためにレースのカーテンをつけに行く。
その部屋のリビング窓の外はすぐ隣の物件なので、確実にカーテンを開けることは無いと思われる部屋なのだ。

隣の物件と隣接しているとしても、いくらか光は入る。
でもプライバシーの観点からカーテンは必須。 そこで友人が選らんだレースカーテンは特殊機能が付いていてプライバシー強化版のレースカーテンなのだ。


凄いね。今はそんなものもあるのね。


で、彼がネットで購入し配達先が私の家で昨日到着。1日でも早く取り付けて入居促進につなげたいので早速行動!

行動は早くした方が何かと有利。 
こうした

小さい努力がチャンスを物にする

から侮れない。


で、物件到着。

パンパカパーン♪ カーテン装着!







IMGP2635.jpg

短いっスヽ(´Д`;)ノアゥア...

あと最低20cmあれば問題ないのだけど、これだと明らかに短い。

早速友人にTELし現状説明。

カーテンは物件倉庫に保管して欲しいとの事。 たしかにこの状態のままつけるのはマイナスだから彼の判断は正しい。

私の方で窓のサイズを測りメールしたので次のカーテン設置は成功するだろう。
設置話の際採寸は管理会社に寸法をすでに聞いているものと思ったが違い、昔の記憶でカーテンを購入したらしい。


しかし、彼のアイデアや行動力は凄い物がある。
物件のデットスペースに倉庫を作り、デットスペースに自転車置き場を作り、ネットを引いて防犯カメラも設置しさらに入居者はネット接続無料!

今回のカーテンも日当りが悪く、隣接した物件からのプライバシーのためにレースのカーテンを備えつける。

でも、それは入居者にはプレゼントしない。

あくまでサンプルであり部屋のデコレーションだ。

彼の凄い点は

値段交渉されたときにカーテン進呈するからとか、何か交渉毎になった際の布石としての利用も
考えている。

部屋のマイナスポイントを隠し
交渉を有利にすすめる材料としても使う。
何にもなければ「どーんと」プレゼントしてこの契約にお得感を出す。

本当凄い!!

遠方オーナーは色々と小回りが聞かないので大変だ。1年前は私もそうだったので本当よくわかる。
今後も出来る限り彼らのサポートして行きたいと思う。


関連記事

コメント

非公開コメント
≪(株)満室研究所≫

(株)満室研究所 所長 山岡清利

運営HP http://houkoku.net/

本州から札幌への不動産投資を安心して行えるように日本初の業種である投資用不動産巡回サービス「報告ネット」運営。

主に本州大家さんの代理大家として空室対策サポートや空室対策リフォームで数々の難物件を満室に導く。

健美家コラムなどや書籍の執筆活動も行う。

《著書の紹介》

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法



この本には空室対策や仲介業者さんとの付き合い方、差別化リフォーム、仲介業者に効果的な営業方法など、私が札幌に移住しコツコツと実践・体験し入居促進に効果があった内容を正直に書き記してあります。

・タイトル「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法
・著者  山岡清利
・定価  1,680円・発売 ごま書房新社
・ISBN-13: 978-4341085773

《カレンダー》

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

《ブログ内検索フォーム》

《メールフォーム》

お問合せはお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

《月別アーカイブ》